Cape Maeda SS Home > Beach Guide > Maeda Point 前のページに戻る
メインポイント01
通称メインポイント

サトウキビ畑を抜けて岬に辿り着くと真っ青にひらけた眺望。風にそよぐサトウキビの音や、心地よい潮風の香り。

ここは沖縄の原風景を体感できる数少ない場所です。通称「メイン」は2007年に整備が完了し、海へと続く階段は周囲の景観にも配慮され、より美しく整備されました。ソテツやアダンといった熱帯性の植物が育つこの階段から望む眺めは見晴らしもよく、今では一般のツーリストにも人気の場所です。

このポイントは、以前からダイバー達が集まる県内有数のダイビングポイントで、「メイン」という通称名もダイバー達の間で使われていた名称です。

ボートダイビングに対して陸からエントリーするダイビングを「ビーチエントリー」と呼ぶ「ダイバー言葉」から、この場所にもビーチ(砂浜)があると思うツーリストが多いのですが、このポイントには砂浜は無く、海へと続く階段を下りた途端に遠浅の岩礁が続く岩場となります。水底の険しい岩とウニ対策としてマリンシューズやウエットスーツは必須です。整備された海水浴場とは違い、ロケーションの魅力を存分に楽しむためにはそれなりの準備は必要ですが、色彩豊かな熱帯魚や、人気の青の洞窟などみどころの多さが魅力のロケーションです。