Cape Maeda SS Home > About Maeda > Maeda Walker 前のページに戻る
  • 真栄田百景01 真栄田百景02 真栄田百景03 真栄田百景04 真栄田百景05
    真栄田百景06 真栄田百景07 真栄田百景08 真栄田百景09 真栄田百景10
    真栄田百景11 真栄田百景12 真栄田百景13 真栄田百景14 真栄田百景15
    -
  • 真栄田百景16 真栄田百景17 真栄田百景18 真栄田百景19 真栄田百景20
    真栄田百景21 真栄田百景22 真栄田百景23 真栄田百景24 真栄田百景25
    真栄田百景26 真栄田百景27 真栄田百景28 真栄田百景29 真栄田百景30
    -
  • 真栄田百景31 真栄田百景32 真栄田百景33 真栄田百景34 真栄田百景35
    真栄田百景36 真栄田百景37 真栄田百景38 真栄田百景39 真栄田百景40
    真栄田百景41 真栄田百景42 真栄田百景43 真栄田百景44 真栄田百景45
    -
真栄田百景

1965年、本土復帰前の琉球政府によって沖縄海岸政府立公園として指定された沖縄本島西海岸。

那覇から東シナ海に沿って北へ約30キロ、壮大で美しい海岸線をもつ岬。そこが真栄田岬です。景勝地としての眺望だけでなく、今では海へと続く階段が整備され、誰でも簡単に海へ入って熱帯魚達と一緒に泳ぐことができます。眺めるだけの景勝地と違って、訪れた人も風景の一部になれる海岸国定公園のなかでも珍しい「参加型」の天然ロケーションが真栄田岬の魅力です。

しかしこの賑わいは、ごく最近のことで、かつての真栄田は、立派な灯台をもつ西隣の残波岬と、観光地として既に確固たる地位を築いた万座毛に挟まれ、そのうえ幹線道路からも一筋入るといった地理的な条件から、長い間注目されることのない、どちらかといえば地味な場所でした。

近年になってツーリストの移動手段が、バスやタクシーからカーナビを備えたレンタカーにかわり、移動が容易になったこと、岬の岩壁にあいた「青の洞窟」と呼ばれる海食洞を訪ねるツーリストが増加したことで、ようやくその魅力を広く知られるようになったのです。

このように真栄田岬には観光地としての歴史がほとんど無いため、真栄田岬ならではといった特産品やお土産はありませんが、色とりどりの熱帯魚や水平線を染める夕陽、神秘的な輝きを放つ青の洞窟など、訪れた人だけが体験できる美しい輝きと、豊かな自然で訪れた人を魅了しています。

※1972年、沖縄の本土復帰にともない「沖縄海岸政府立公園」は「沖縄海岸国定公園」と改められました。