ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2016年1月号

これぞ、沖縄おでん!!

新年、明けましておめでとうございます。

『おいしい料理は人を幸せにする!!』と言うことで、今年もおいしい沖縄料理をご紹介させて頂きます。

沖縄のおでんはココが違う!?

まずはじめに。

常夏の沖縄にだって〝おでん″は存在します。しかも、おでん専門店もあり一年中楽しむことができます。

しかし、中の具材が少し独特なんです。
沖縄では、一般的に以下がおでんのレギュラー具材として食べられています。

<沖縄おでんの具材>
◎てびち
◎葉野菜
◎ウィンナー

ここからは、沖縄のおいしいおでん屋さんをいくつかご紹介していきます。

まるでスナック!?

当店、アイランド倶楽部から那覇向けに約40分。宜野湾市という場所に突如現れる、
すきやき&おでんハウス 笑(エミ)』。

インパクトが大です。

ビーチプレス 2016年1月号

入ると、座敷が広がります。

ビーチプレス 2016年1月号

そして、ふと振り返ると…

カウンター?…カラオケ機?…ここはスナック!?

ビーチプレス 2016年1月号

とても落ち着きます。

自慢のあっさりおでん

お店の名前にもなっている、笑(エミ)さんご自慢のオススメ具材を出してもらいました。

ビーチプレス 2016年1月号

てびちの出汁が各具材によくしみています。また、見た目からは想像できないほどさっぱりな出汁。

そして、なんといっても沖縄おでんのメイン!!、てびちの存在感は目を引きます

珍品

こちら、他のお店ではなかなか出会えない『田イモ』。

ビーチプレス 2016年1月号

田イモは、南西諸島で多く栽培されているイモで、沖縄では『ターンム』と呼ばれています。
琉球料理には欠かせない野菜です。

割ってみると、こんな感じです。

ビーチプレス 2016年1月号

イメージ通りです。ほくほく感がたまりません

ちなみに、旬である冬限定の具材です。

おすすめのプラス1品!!! @笑

おでんはもちろんのこと、このお店に来たらぜひ食べてもらいたい1品をご紹介します。

看板にもありました、おでんに勝ると劣らない人気、すきやき!!

ビーチプレス 2016年1月号

沖縄では、甘い味付けがあまり好まれないとのことで、割り下はめんつゆ風。
あっさりしており、最後まで飽きることなく食べられました。

また、豆腐もこだわりの島豆腐
歯ごたえのある島豆腐とはちがい、しっかり感は残して舌触りは絹ごしに近いなめらかさ。

オススメです!!

ちなみに、おでんにもこの豆腐を、目の前で揚げて入れてあるので楽しめますよ♪

出るわ出るわで、計6品。(うち4品は知らぬ間に出てきていました。笑)、
行きつけにしたいお店です

すきやき&おでんハウス 笑(エミ)

住  所:宜野湾市上原1-3-8

電  話:098-893-2188

営業時間:18:00〜24:00

関連リンク 笑 (えみ) - 宜野湾市/すき焼き [食べログ]

 

赤ちょうちんに誘われて

那覇市、国際通りすぐ近く。 飲み屋がひしめく安里、栄町市街

ビーチプレス 2016年1月号

肌寒くなってきた沖縄。
赤い提灯の〝おでん″についつい足が向いてしまう『わいわい』。

てびちがなんと¥100。 安さに驚きです。

ビーチプレス 2016年1月号

そして、伸びる階段。
その先の〝おでん″の文字に期待が高まります

ビーチプレス 2016年1月号

上がった先は、隠れ家的な店内

ビーチプレス 2016年1月号

臭みが全く無い、てびち

ビーチプレス 2016年1月号

このてびち、独特な獣臭が無く、臭いが苦手な人でも食べられます

そして、芯までしみているだいこん。

ビーチプレス 2016年1月号

また、葉野菜として入っていたのがレタス。
出汁につかり、しなっと感が個人的には最高でした

おすすめのプラス1品 @わいわい

ぷわふるの食感と、出汁の味がしみわたるダシ巻き玉子

ビーチプレス 2016年1月号

おでんとともに、ぜひ「プラス」してもらいたい1品です。

わいわい

住  所:沖縄県那覇市 安里(字) 仲宗根ビル2F

営業時間:夜10時以降〜

関連リンク わいわい - 安里/おでん [食べログ]

 

おでんカラオケ

那覇市、国際通りすぐ近くにある、『おでんカラオケ じゃんじゃん

ビーチプレス 2016年1月号

店内は、カウンター&テーブル席を含めて約14席。
店主の〝マスター″が名物のお店です。笑

おでん一本

壁のメニュー表。 おでんのみ!!

ビーチプレス 2016年1月号

マスターの葉野菜

おでん盛りを注文。
準備をし始めるマスター。その手には、チンゲン菜が。

ビーチプレス 2016年1月号

(※マスターの伊佐さん↑)

マ:「私が畑で育てたチンゲン菜よりもおいしいはずよー」

私:「あっ!育て方が違うんですか―!?」

マ:「そう!無農薬だし、イケメンが作ってるから特別よー。爆笑」

私:「…。なるほど――――!!」

そして、厳選しながらの盛り付け。

ビーチプレス 2016年1月号

わくわくおでん

マスターの愛情がたくさん注がれたおでん。
チンゲン菜で覆われた具材が、なぜかワクワク感をそそります。

ビーチプレス 2016年1月号

常連客の方と、ゆんたく(おしゃべり)を楽しみつつ撮影していると、マスターが撮影用にチンゲン菜をペロッとめくってくれます。

ビーチプレス 2016年1月号

すると、出てきました!!
てびちや、ちくわ、こんにゃく、ウィンナー、たまご、などなど。

ここは、しっかり甘辛な味がしみており、ごはんが欲しくなるおでん。

てびちも丁寧に下処理されており、泡盛との相性抜群です!

ビーチプレス 2016年1月号

おでんカラオケ じゃんじゃん

住  所:那覇市牧志3-8-25

電  話:098-864-0809

営業時間:18:30〜2:00

関連リンク おでん じゃんじゃん - 牧志/おでん [食べログ]

 

沖縄の冬を楽しむおでん

沖縄で、短い冬を楽しめるおでん。
泡盛を片手に、ぜひ、この時期味わってもらいたい料理です。