ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2015年11月号

読谷村で、定置網漁体験!

こんにちは。YASSです。今月のビーチプレスを担当致します。

今回は「こんな海の楽しみ方はいかがでしょう?」というお話です。

ビーチプレス 2015年11月号

今回は「定置網漁体験」をして来ました。集合場所は読谷村の都屋漁港です。
体験者はアイランド倶楽部スタッフの、ジュニとショウジ!

ビーチプレス 2015年11月号

漁港に集合、漁師さんの説明からスタート!

6:30、漁港集合で、寝起き感が半端ないジュニとショウジ。
ちなみにここは、セリの会場です。

ビーチプレス 2015年11月号

まずパネルを使って、漁師さんの説明を聞きます

まだ夜が明けたばかりなので薄暗い。多分、ショウジは眠たくてほとんど理解していません。笑

さあ、出港です!

ビーチプレス 2015年11月号

さて、今回の漁に使う船はこちら。第八よみたん丸です。

ビーチプレス 2015年11月号

6:30に集合して、7:00に出港!スピーディーに事は進んで行きます。

海の上で見る朝日が美しい!

ビーチプレス 2015年11月号

朝日を眺める漁師さんが、やたら絵になります。

 

ビーチプレス 2015年11月号

こちら、朝日を浴びながら、水平線を眺めるジュニ。
ショウジは酔わないように、ベンチで岩のように固まっていました。

定置網のポイントへ。そして、定置網漁とは?

ビーチプレス 2015年11月号

定置網のポイントまで、約20分。漁師さんが一斉に動き始めます。

 

ビーチプレス 2015年11月号

さて、定置網というのは、長さ330m、深さ60mをぐるっと取り囲むような、大きなワナの事です。

定置網漁はそこに入っている魚たちを2隻の船ではさみ打ちして、魚をごっそり獲ってしまおうという、ダイナミックな漁なんです。

2隻の船の連係プレーで、網が巻かれていきます!

ビーチプレス 2015年11月号

奥に見える船との連携プレーで、徐々に距離を詰めて行きます。

ビーチプレス 2015年11月号

ウインチでキリキリと網を巻いて行きます

網を巻いて行きます、と簡単に言いましたが、網が絡まらないように巻き上げるのに、かなりの修行が必要だそうです。

ビーチプレス 2015年11月号

慌ただしく漁師さんが動き回る中、魚が見えないか覗き込む2人。
この後、漁師さんに邪魔者扱いされていました。笑

 

水面に現れたその生物は!

ビーチプレス 2015年11月号

だいぶ網が巻き上げられ、2隻の船の距離も近くなってきた頃、水面に何か生き物が!

ビーチプレス 2015年11月号

ウミヘビでした

魚はなかなか姿を現しません。

本番開始!、人力で網の巻き上げ

ビーチプレス 2015年11月号

もうぶつかりそうなほど、船が接近しました。
ここからがこの定置網漁体験の本番です

何をするかと言うと・・・

ビーチプレス 2015年11月号

何と!、人力で網を巻き上げて行くんです。かなり重いらしく、2人とも変な声を出して、力を入れていました。

ジュニ、腰が入ってますね。

ショウジは明らかにサボり始めてます。笑

いよいよ網の中の魚たちとご対面!

ビーチプレス 2015年11月号

網の底が水面近くまで巻き上がられると、水面がユラユラ動き始めます。

・・・いる!

魚がいます。
しかも大量に!、魚が見えてくるとテンションUP!

ビーチプレス 2015年11月号

バシャバシャバシャ!!、魚たち狂喜乱舞です
飛沫が船まで飛んで来ます!

ビーチプレス 2015年11月号

そんな大騒ぎの中、1人の漁師さんがそっと、大きな網を用意していました。

この網をどうするかと言うと・・・

ビーチプレス 2015年11月号

狂喜乱舞する魚の群れに突っ込んで、

ビーチプレス 2015年11月号

ザバー!!!、豪快!!

ビーチプレス 2015年11月号

そして船上のコンテナにイン!

ビーチプレス 2015年11月号

いきなり海から箱へ入れられた魚たち、ものすごい勢いで暴れます!
このコンテナ1箱で、だいたい500kgくらい入るそうです

網の中に珍客が!、それは…

そんな中、珍客が現れました。

ビーチプレス 2015年11月号

ウミガメです!

ウミガメは獲れた場所で海に逃がすと、また網に入って来てしまうので、少し船で移動してから逃がします

移動中の貴重な1枚!、ジュニとウミガメが似ています。

 

船上でもうひとつのお楽しみ!

ビーチプレス 2015年11月号

さて、ウミガメと戯れている間に、船に備え付けられているキッチンでは、獲れたての魚が捌かれていました

ビーチプレス 2015年11月号

豪快!!、まさに男の料理という感じです。
獲れたての魚は身がプリプリで、新鮮そのものでした

ビーチプレス 2015年11月号

先を争って食べるジュニとショウジ。気持ち分かります。

準備のいい参加者はおにぎりを持って来ていました
「その手があったか!」

帰路、漁師さんから色々な話を聴く

ビーチプレス 2015年11月号

漁が終わり、帰路に着く船の上で、漁師さんから色々な話を伺いました。

美ら海水族館のシンボルとも言えるジンベイザメはこの定置網漁で獲れる事や、
県外の有名水族館関係者が毎年訪れることや、
この仕事で1番辛いのは、海が荒れる事でも、船の上の仕事でもなく、
「網の入れ替えと洗浄」という事など、 どれも、「へぇぇー!」と思える内容でした。

漁師さんと仲良くなると、沖縄の海の、意外な話が聞けるかもしれません。

港へ戻って、獲れた魚はそのままセリに!

ビーチプレス 2015年11月号

さて、ここで定置網漁体験は終了です。

今日はあまり魚が獲れなかったので、9時前には港に帰って来ました。
10時開始のセリに向けて準備開始です!

大きな魚はこのように箱に入れて並べられます。

ビーチプレス 2015年11月号

小さい魚は漁師さん総出で、同じ種類に仕分けて行きます。

ビーチプレス 2015年11月号

せっかくなので手伝わせて頂きました。ジュニ、一生懸命です。

ビーチプレス 2015年11月号

ショウジはこんな感じです。

 

ビーチプレス 2015年11月号

セリが始まる前に、セリを取り仕切る方が魚の説明をしてくれました。
この魚はグルクンと言って、沖縄の県魚です

 

ビーチプレス 2015年11月号

魚の種類だけでなく、セリの仕組みも教えてくれました

ビーチプレス 2015年11月号

10時ちょうどにセリが始まりました。

数時間前に獲れたばかりの新鮮な魚を求めて、遠くから買いに来る方もいるようです。
(一般の方は購入出来ません!)

もう一つのお楽しみ、セリ市場の隣の食堂へ!

ビーチプレス 2015年11月号

セリが終わった後に、セリ市場の隣にある食堂へ。

ビーチプレス 2015年11月号

そこで、新鮮な海鮮丼を食べました。

定置網漁体験+食堂で朝食!最高の時間を過ごせました!!

 

今回のスケジュールをまとめると、

・6:30 読谷村都屋漁港集合
・7:00 出港
・7:20 定置網に到着 漁開始
・8:30 漁終了 お刺身タイム
・8:50 港着 定置網漁終了
・9:00 セリ市場にて魚の仕分け開始
・10:00 セリ開始
・10:30 セリ終了
・10:40 食堂にて朝食
・11:30 解散

なんとお昼前に、これだけの体験が出来てしまうんです!
朝は少し早いのですが、充実した時間が過ごせますよ!

 

定置網漁業体験(読谷村漁業協同組合)

基本料金(1人当たり、税込):
小人(4才~中学生)1,000円、中人(高校生)1,500円、大人(一般) 2,000円

出港時間:午前7時

所要時間:約2時間〜2時間30分

帰港時間:午前9時30分 

※乗船定員 24名
※ライフジャケットの着用及び安全を優先にスタッフの指示に従う事
※日曜、祝祭日は体験乗船を行っておりません。

電  話:098-956-1640(読谷村漁業協同組合)

受付時間:月~金/9:00~17:00(土、日曜、祝祭日は除く)

» ホームページ(申込フォーム)

 

服装は自由なのですが、寒くない格好で参加して下さいね!