ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2015年3月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

オリオンビール工場見学!

こんにちは!
今月は大山(のぶよ)がビーチプレスをお届けします。

今回、ご紹介するのはアイランド倶楽部より車で約1時間30分、沖縄県北部・名護市にあります、オリオンビール工場「オリオンハッピーパーク」です。

創業1957年、今年で59年目になるそうです。

工場見学には、
・大山(のぶよ)
・嘉手苅(まこっちゃん)
・大城(しょうじ)
・金良(ジュニ)、の4人で行ってきました!

 

玄関をくぐると、さっそくビール工場らしいモノが!

こちら創業当時に使われていた、ビールを作る際に必要な「仕込釜」と呼ばれるものです。

現在は別の新しい仕込釜が使われており、こちらは展示用です。
触れることも出来ますよ。

2階に上がると、懐かしの・・・

受付を済ませて、工場見学の開始場所である2階へ移動すると、面白いものがありました。

沖縄の昔の商店を再現したものです。真っ先にしょうじとジュニが食いつきました!

ちなみに中はこのようになっています。

今では珍しい手動のかき氷機や、昔の駄菓子などが置いてありました。

定番のこれで記念撮影。
穴がやや大きめでした。笑

沖縄でもっとも愛されているビール、その名

沖縄で定番のオリオンビールは、 オリオン座から命名されました。

1.オリオン座は南の星座であり、沖縄のイメージにマッチしている

2.星は人々のあこがれや夢の象徴である

3.当時、沖縄を管轄していた米軍の最高司令官の象徴が「スリースター」であった、

などが選定の理由でした。

名前は一般公募で決められ、懸賞金もあったそうです。

工場見学開始!オリオンビールができるまで

さて、いよいよ工場見学へ出発です。

まずはビールの原料となるモルト(麦芽)とホップです。

茶色がモルト、緑色がホップです。

大麦麦芽を発芽させたものを麦芽(モルト)といい、ビールの味を決める大切な素材のため、特別に厳選されたものを使用しているそうです。

ホップはビールに苦味と香り、泡持ちを与えるものだそうです。

実際に触ったり、匂いを嗅ぐ事も出来ます。(ちなみに匂いを嗅いでみましたが、まだビールの香りはしませんでした。)

原料を実際に見たあとは、仕込み釜へと移ります。

こちらが仕込み釜です!

粉砕した麦芽を、かき混ぜながら加熱していくと、糖化が行われ、甘い麦汁が出来ます。
この段階では甘い味がするそうです。

仕込釜の施設へ実際に入らせて頂きましたが、ビールの香りと熱気が強烈でした。(笑)

釜の中はのぞき窓で見ることが出来ます。

この麦汁をろ過し、ホップを加えて、煮込んだ後冷却し、発酵タンクへ送られていきます。

これは貯蔵タンクです。

タンクいっぱいのビールを飲み切るには、缶ビール(350ml)を1日10本毎日飲んでも、150年程かかるそうです。

ビール工場のスタッフさんいわく「まるで夢のような貯蔵タンク!」だそうです。(笑)

熟成されたビールから、酵母と余分なタンパク質を取り除く為、ろ過していきます。

ろ過された琥珀色のビールを、ビン詰め、缶詰め、タル詰めしてラベルを貼り、ついに出荷です。

1日の生産量は少ない時で20〜30万本、多い時でなんと60万本も生産されるそうです!
すごい勢いで作られていました。

ちなみに、1分間にこれだけの数の、ビール缶が製造されているそうです。

工場見学の後は!

約30分の工場見学を終えると、出来たてのオリオンビールを試飲する事が出来ます。

ちなみにハンドルキーパーと試飲する人で、バッチの色が違います

こちら、ハンドルキーパーの2人

ビールを試飲する2人。バッチと引き換えにビールを頂きます

ん〜美味しそう!

 

ハンドルキーパーの方にはノンアルコールやソフトドリンクの飲み物があります。

今回はオリオンさん特製、レモンティーを頂きます!

 

では頂きます!!

やっぱり、美味しいですね!

オリオンビール特有のさっぱりした感じがたまりません!! 沖縄の気候にとてもマッチしています!

最後に

工場見学は丁寧な案内と分かりやすい説明で、とても楽しむことが出来ました!

何より、この工場見学「無料」なんです

しかも出来たてのオリオンビールを2杯も無料で飲むことが出来ます!
ビール好きの方は、特にオススメですよ!!

オリオンビール工場「オリオンハッピーパーク」

住  所:沖縄県名護市東江2−2−1 〒905-0021

電  話:0980-54-4103(工場見学予約番号)

営業時間:9時20分~16時40分(要予約

» ホームページ