ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2015年1月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

海の見える老舗ドライブイン

明けまして、おめでとうございます!!
新しい年を迎え、沖縄では早くも桜の季節がやって参りました。

しかし、私、加藤(ジャス)は花より団子!

今回ご紹介するのは、アイランド倶楽部から車で約10分ほどの場所にある『シーサイドドライブイン』。

沖縄初のレストラン?!

ここは、沖縄で最初にできた“ドライブインレストラン”です。

ドライブイン=道路沿いにあって大きな駐車場を備え,主に自動車に乗ってくる人たちを対象として営業する軽飲食・休憩用の店。

地元の方に愛されるレストラン

歴史をさかのぼること48年前、戦後1967年に当時アメリカにあったドライブインスタイルのレストランをオープンしました。


(※オープン当時の様子)

時代の流れゆく中で、他の文化を生活に取り入れてきた、沖縄らしい「チャンプルー(まぜこぜ)文化」が体感出来るお店です。

さっそくお店に入ってみると、約100席からなる店内はとても開放的!、大きな水槽や窓から見えるオーシャンビューに目を奪われます。

水槽に近寄ってみると、アイランド倶楽部のツアーでもよく見られるルリスズメダイやクマノミがいました。ここでも沖縄らしさを味わえます。

 

また、お店の一画にはオーナーさんが趣味で集めた外車のミニチュアカーや実物のバイクなどが展示されており、アメリカンな雰囲気が漂っています。

そんな店内は、家族連れやカップル、学生さんなど地元の人たちで賑わっていました。

多彩なメニュー

「チャンプルー(まぜこぜ)文化」は、メニューを見るとよく分かります。 洋食だけはなく和食・中華といった多彩な品揃え。

 

ランチメニューもありました!!

どれも気になりつつ、周りの席を見渡すとほとんどの人が同じメニューを頼んでいました。

迷うことなく、私も同じメニューを注文。ほどなくして、まず最初に運ばれてきたのがこちら!!

この店人気No.1の『ホームメイドスープ』です。トロッとしたスープの中に、刻んだベーコンやマッシュルームが入っています。

そして、 いよいよ来ました。
▼こちらがランチメニュー人気No.1!

和風リブステーキ」です。

そして、A1ソース、沖縄でステーキを食べる時には欠かせません。ちょっと酸っぱいソースに病み付きです!

ニンニクとバターが食欲をそそります。あっと言う間に完食

お気に入りメニュー

次は私のお気に入りメニューをご紹介します。

シーサイドサンド

カリッと焼かれた食パンに、ベーコン・レタス・トマト・チーズが挟まれてています。

いたってシンプルなサンドイッチですが、EGGO(エゴー)というアメリカ産のマヨネーズの風味が、普通のサンドとは違います。 酸味が強い独特な味わいです。

ちなみに、このEGGOマヨネーズは、戦後アメリカから日本に最初に入ってきたマヨネーズで沖縄では根強い人気があります。
また、地元のスーパーでは、このEGGO(エゴー)が瓶入りで売られています。

気になる!まぎ〜バーガー!

メニューを見ていると変わったネーミングが・・・。

まぎ〜バーガー??、気になります。早速注文。

やってきたのがこちら!!

分かりづらいですが、直径14cmもある、とても大きなバーガーです。

ここで、大きさを比較するため顔の横へ。

・・・大きさが分かりやすくお伝えできているか不安ですが、ずっしりとした重さがあります。

自分好みにソースをぬって完成です!!

お店の方に“まぎ〜”の意味を聞いてみると、
沖縄の方言で「大きい」という意味だと教えてくれました。

その名のとおり、まぎ〜なバーガーはビーフを100%使用の食べごたえのある一品です。店員さん、イチオシ!

店員さんに注目!

ここで、食べ物以外で注目していただきたいのが店員さんのユニフォームです!!

よく見ると、沖縄の伝統的な染め物『紅型』の模様があしらわれており、沖縄らしさを感じさせてくれます。

恥ずかしがりながらも、快くお写真を撮って頂きました♪

みなさんもぜひ、店員さんに話しかけてオススメを聞いたり、記念撮影を撮ってみてはいかがでしょうか?、きっと、地元の店員さんならではの素敵なお話が聞けると思います。

気軽にテイクアウト!!

次は店内を出て、ドライブインの醍醐味であるテイクアウトコーナーへ!!

日曜日ということもあり、常にお客さんが並んでいる状態でした。テイクアウトコーナーでは、全メニューをテイクアウトする事が出来ます

私も早速、スープとフライライスを注文しました。

▼ホームメイドスープ

▼フライライス、こちらもネーミングが変わっていますが、牛肉がたっぷり入ったチャーハンです。

このフライライスもボリューミーで、私の好きなメニューのひとつです!!

夜の顔!

こちらのシーサイドドライブイン、看板にもあるように24時間営業をされています。 ちなみに、夜はネオンが光りとても目立ちます。

午前2時~午前8時は、テイクアウトカウンターのみの営業となります。

皆さんもぜひ、ここでしか味わえない料理・雰囲気を楽しんでみてはいかかでしょうか。

シーサイドドライブイン

住  所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊885

電話:098-964-2272

営業時間:24時間(午前2時~午前8時:テイクアウトのみ)

» ホームページ