ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2014年12月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

南部観光のお薦めスポット

こんにちは! 今月はテーマパーク大好き、私、坂井がお伝えします。

今回、ご紹介するのはアイランド倶楽部より車で約1時間、南城市にある「おきなわワールド 文化王国・玉泉洞」です。

東洋一!!

おきなわワールドにある鍾乳洞『玉泉洞』にハーギー(萩原春菜)、アツキ(山口愛通貴)と遊びに行ってきました。

玉泉洞は鐘乳石の種類が豊富で日本最多の100万本以上の鐘乳石を誇ります。

地元では「宇和川壕(ウワーガーガマ)」と呼ばれかなり前から知られていました。

その全長は5,600m、日本第二の長さを誇る鍾乳洞で現在、890mまでを公開しています。

早速、中へ!!

地下へと続く階段をおります。
60段と意外と長い

大空間が出現!!

入るとすぐに目の前が雄大な鍾乳洞がひらけます!

東洋一洞」と呼ばれ、その広さは、天井高20m、幅20m、奥行き80mあり、6階建てのビルが建つくらい

見渡す限りに鐘乳石が広がり、幻想的な空間に。
天井からも、つららのように鍾乳石が垂れ下がります。

洞内には所々で鐘乳石をバックに撮影できるポイントがあります。
空間の広さ、鐘乳石の数の多さにハーギー、アツキもビックリ!

東洋一洞の奥には『昇龍の鐘』と呼ばれる白銀の石柱があります。

この純白の鍾乳石は、玉泉洞の中でも最も美しい石柱として知られています。ここまで進んできたら、一度、来た道を振り返ることをオススメします!!

これが東洋一洞の奥からの眺め
まるで映画の世界に入ったようでした!

頭上に無数のつらら

東洋一洞を抜けると無数の鍾乳石が垂れ下がる「槍天井エリア」が出現。

その数なんと「2万本」!!
天井から垂れ下がる鍾乳石が手を伸ばしたら届きそうな距離にあり、この光景はまさに圧巻です

このエリアで足を進めると、天井からポタポタと垂れる「雫」の存在に気づくでしょう。同行のハーギー、アツキからも何度も「冷たい!」との声が。

この雫により、鐘乳石ができていくのですがここで、その秘密に迫っていきましょう!

まずは雫。その正体は「雨」

地上で雨が降ると、雨水が地中にしみ込み、砂や小石のすき間を通り下へ下へと進みます。この過程でいろいろな鉱物質が溶け込むことがあります。

玉泉洞一帯はサンゴが主成分の琉球石灰岩からできており、雨水は石灰岩を溶かし込みます。この水がしみだし、鍾乳洞内で雫となり、落ちてきます。

ちりも積もれば山となる!?

玉泉洞内はいたるところで、この雫が落ちてきます。
鐘乳石の出来始めでは、天井にぶら下がった雫の円周に沿って石灰岩の成分が沈殿。

次の水滴も同じように、繰り返しリング状に沈殿するため、次第にストローのように中空な管が伸びていきます

これが積み重なり、「つらら石」という一般的な鐘乳石になります。

このようなつららや

こんなものも

先端の白いものが「ストロー」と呼ばれる鐘乳石の赤ちゃんです。
この先端から雫が落ちていました。

この雫の 石灰成分が床に積み重なると

石筍(せきじゅん)」と呼ばれる鐘乳石になります。タケノコが地面から生えているみたいですね!

そして、つらら石と石筍がつながった鐘乳石を「石柱(せきちゅう)」と呼びます。

3年で1mm!!

『3年で1mm』、この数字は玉泉洞のつらら石が成長するスピード。
県外の鍾乳洞と比べると早いそうです。

その秘密は、洞内の「水」にありました。

通路散策中、「ゴー!」という大きな音が聞こえてきます。その先にあったものは…

!!

洞内には水が豊富で、石灰分を多く含む水が大量に流れ込む環境から、県外にある鍾乳洞に比べ鍾乳石の成長が早いのだとか。

また、沖縄の熱帯・亜熱帯地方の気候が多量の雨をもたらすことも一因です。

一般的な成長スピードはというと…、1cm成長するのに約70年、石筍は約130年。

環境に左右されることが多く、海外の石筍の場合、1cmあたり240年から2400年の年月がかかることも。

ちょろちょろと流れる水に喜ぶ、ハーギー。

いたるところで水の流れを感じられます。
このため、コウモリやエビ、 フナやカニ等、30種類以上が棲息。オオ ウナギも棲んでいます

種類の多さ、数の多さ日本一!!

洞内には100万本の鐘乳石が多種多様に変化。
前述以外の見所をご紹介します!

リムストーンダム

黄金の盃

緩やかな洞床の傾斜面を少量の水が穏やかに流れる場合にできる鐘乳石。

山の斜面につくられた棚田のようなもので、棚田の畦に当たるところをリムストーン、リムストーンに囲まれて生じた水たまりをリムストーンプール(畦石池)といいます。

高さ2.5m、外周31mこのタイプの鐘乳石では日本最大の大きさです。

絞り幕

板状の鐘乳石が幾枚にも重なってできたもので、このように天井から下がるのは珍しく玉泉洞ならではの鐘乳石といえるそうです。
これくらい大きくなるには数万年の歳月が必要

こんなところにまで!!

先へ進もうと手すりに手をかけると!
手すりにまで鍾乳石が!

しかも、今まさに成長途中!!

こちらは、通路をも侵食し成長する鐘乳石。改めて、自然の強さを目の当たりに!

頭上注意の看板も。

旧入道口のトンネル状階段は、洞内の一定した温度条件を利用した古酒(クース)の甕の貯蔵場所として利用されています。5年間貯蔵し、受け取りになります(要予約)。

玉泉洞、いかがでしたでしょうか?

おきなわワールドは玉泉洞のほかにも沖縄を代表する紅型の染物、琉球ガラスを作るなどの体験プログラム、「スーパーエイサー」という芸能ショーが楽しめるテーマパークとなっています。

南部観光にオススメのスポットです!

おきなわワールド 文化王国・玉泉洞

住  所:沖縄県南城市玉城字前川1336

電話:098-949-7421

営業時間:9:00〜17:00(受付時間)、18:00 閉園

» ホームページ