ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2014年10月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

陶芸教室を体験!!

みなさんこんにちは!!

毎回ビーチプレスを読んでくれて、ありがとうございます!
今月は、渡嘉敷ひかりがお届け致します。

スタッフのミカさんと、陶芸体験が出来るカフェに行ってきました!

アイランド倶楽部から車で10分ぐらいの場所に
青空窯・Cafe 土花土花」というカフェギャラリーがあります。

土花土花(どかどか)さんは普通のカフェではありません。1階は陶芸工房、2階はカフェになっており、1階の工房で陶芸教室を行っているのです。

陶芸教室は要予約!

絵付け体験ですてきな作品!

まずは、2階のカフェで参加申込書を記入します。
コースは色々あるのですが、ミカさんはお皿の絵付け、私はろくろ体験をする事にしました。

という事で、ミカさんが書いた、お皿の絵付けがこちら。
意外にうまい。笑

ミカさんが書いたのはガジュマルという、沖縄では良く見られる植物です。

絵付けが終わったあとは、透明な上薬を掛け、釜で焼き上げ完成です。

いやぁ、完成が楽しみですね。約2週間程で完成するそうです。

ろくろ体験に夢中!

続いては、私のろくろ体験の様子をお伝えします。
まずは、私の師匠をご紹介します。

こちら、土を持っている方が、私の師匠のタマさんです。
恩納村の土が沖縄で1番いいと、まず最初に教えてくれました。

タマさんが作品を作りながら、整形の仕方、コツなどをお話してくれます

真剣になりすぎた私は、鼻の下が伸びています。笑

さすが職人のタマさん。
あっという間にご飯茶碗が完成しました。

見てください。すごく綺麗です。

コツは「最初は少し力を入れるけど、後は力を入れずに優しく、ゆっくり」だそうです。

この後はいよいよ私の番です。
緊張しながらそっと指をつけます

タマさんの指導の元、恐る恐るろくろを回していると、
ひかりちゃんいいよぉ!!上手上手!!いい感じ!!」と
私を褒め倒してくれました。

褒められて伸びるタイプなので、すごく楽しく出来ました。笑

整形している間は、息をするのも忘れちゃうくらい夢中になります

整形が終わるとろくろから作品を離すのですが、これがとっても緊張しました

作品を人差し指と中指を使って持つのですが、土が柔らかいので、形を崩さないように持つのが大変。 少しも揺らさないように、息を止めて持ち上げました。

最後に完成したご飯茶碗の底にサインを書き込み、スタンプを押して終了です。

この後は2週間ほど乾燥させ、上薬を掛け、釜で焼き上げ完成です。

どんな感じで仕上がるのかとても楽しみです。
最後に3人で記念撮影しました。

タマさん師匠!、ありがとうございました!!

2階のカフェからは、圧巻の美しい海と緑

体験後に小腹の空いた私達は2階のカフェへ。
木で作られた家具が並ぶ、アットホームな雰囲気のテーブル席と、

東シナ海を一望出来るテラス席があります。
私たちはテラス席に座りました。

海に沈んでいく夕日を眺めながら、ついついたくさん注文してしまいました。

サクサクの香ばしい絶品ピザ!

まずは土花土花ピザです。
生地がもちもちでとろけたチーズが最高!

その次に注文したのがキーマカレーです。
スプーンを持つ手が止まらない!!

少し私には辛めでしたが、本当に美味しく頂きました。

締めのデザートには、1日9食限定の手作りプリンを食べました。
ぷるぷるではなく、しっかりとした堅さで、かつ、クリーミーなプリンでした。
とても美味しかったですよ。

カフェ内のギャラリー

お腹いっぱいになった私達はカフェ内にあるギャラリーを見て回りました。
そこにはカフェで使用されているお皿やカップ、師匠のタマさんが作った作品がたくさんありました。

ロケーション最高!
ご飯も美味しい!
陶芸体験のメニューも充実!!
「青空窯・Cafe 土花土花」

皆さんもマリンツアーが終わった後に、ぜひ行ってみて下さい!
オススメです!!

青空窯・Cafe 土花土花(どかどか)

住  所:沖縄県国頭郡 恩納村 前兼久243-1 〒904-0414

電話・予約:098-965-1666

営業時間:11:00〜19:00(要予約)

定休日:日曜日定休 *日曜日 陶器ギャラリーのみ営業

» ブログ

» 食べログ