ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2014年9月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

泡盛酒造見学!!

こんにちは!
今月はアイランド倶楽部の大山(のぶよ)が、ビーチプレスをお届けします。

沖縄といえば、泡盛!!

アイランド倶楽部の近くに泡盛の酒造場があると聞いたので、行ってきました!
ご紹介するのは、沖縄県うるま市にあります「神村酒造」さんです。

神村酒造さんは創業の132年の老舗酒造所

今回はのぶよとスタッフの「さやか」「えりな」も、工場見学に参加しました。3人で工場の様子をお届けしていきます!

工場見学開始!

今回工場の中を案内して下さるのは「喜名さん」です。ステキな笑顔で僕たちを出迎えて頂きました。

工場見学の定員は25名、この時間は僕たち3人だけだったので貸切で案内をしてもらえました。

まずは泡盛が出来るまでのビデオを見ます。

ビデオでは泡盛の歴史や、泡盛を作る材料の紹介、そして泡盛の製造されている様子を見ます。

原料米であるタイ米と、泡盛の香りを出し、腐敗を防いでくれる黒麹菌(くろ こうじ きん)を実際に見せてもらいました!

このタイ米と黒麹菌の2つを合わせたものを米麹と呼びます

一通りビデオを見終えると、次はいよいよ泡盛が作られている酒造所へと移動です!

中に入ると、大きな酒樽がたくさん置いてありました!

泡盛の製造過程はざっくり言うと、
1)タイ米と黒麹菌を混ぜ合わせ、
2)もろみと一緒に酒樽で発酵させるんですが、
美味しい泡盛になるまで最低でも3年間の熟成が必要になるそうです。

ちなみに、泡盛にはアルコール度数が決められており、アルコール度数45度まで、なんだそうです。

それ以上高くなると「泡盛」ではなく、「スピリッツ類」として分類されるそうですよ。

えりなが抱きついている銀色の酒樽には18,000ℓの泡盛が入っています!、 一升瓶1万本分!!!

 

最後に工場の地下蔵を見せてもらいました!

地下蔵にはたくさんの「預かり古酒」が並べられていました。
ボトルには5年後への思いを込めて、メッセージが書き込まれていました。

最長で10年間ボトルを預かってもらえるそうです。未来の自分へメッセージを泡盛に書いて残すのも面白いですね!

泡盛飲み比べ!

工場見学の後は、いよいよ泡盛の試飲です!
えりなはハンドルキーパーなので、のぶよとさやかが泡盛を頂きます!

今回、試飲したのが「守禮」と「暖流」の2種類です。
おちょこ1杯ですが、泡盛独特の香りが口の中いっぱいに広がりました!
(アルコールが高めなので水割りがおすすめです。)

どちらもクセがなく、スイスイ飲めましたよ。初めて泡盛を飲む、という方にもオススメです。

エリナは「もろみ酢」がお気に入りでした。
毎日継続して飲むと疲労回復に抜群だそうです!

泡盛グッズ!

工場内の販売施設には、神村酒造の泡盛や泡盛に関連するおもしろ商品が並べてありました!

グッズ紹介の前に、試飲させてもらった泡盛をもう1度ご紹介しますね。

守禮
甘い香りが特徴の泡盛。昔から味わいを守り続けているそうです。
飲みやすい!

暖流
口に含むと泡盛の香りがいっぱいに広がります!
熟成を物語るかのような琥珀色も特徴的。やや上級者の泡盛かと思います。

次に泡盛関連グッズ!

泡盛カレー!

泡盛を使うことでお肉が柔らかくなっています!
もちろん、アルコール度数はありません!

お土産にいかがでしょうか??

 

泡盛が好き!、そして三線も好き!という人にはオススメ!
泡盛のラベルが描かれているカンカラ三線です。

 

最後はこちら!

超BIGサイズの泡盛瓶!!
瓶だけで約3万円もします!!
泡盛は別売り!!

マニアな方がたまに買って行かれるそうですよ!

こちらは記念撮影用です。

最後に

泡盛は沖縄で居酒屋などに入ると、必ず置いてある沖縄を代表するお酒です。

アルコールの苦手な方でも、水割りやソーダ割り、カクテルなどにする事でとても飲みやすくなりますよ。
ぜひ沖縄旅行の際には、泡盛を味わってみて下さいね。

神村酒造さんの泡盛工場見学、オススメです!

神村酒造

住  所:沖縄県うるま市石川嘉手苅570番地 〒904-1114

電話番号:098-964-7628、Fax.098-964-7627

見学の受付時間:10:00〜16:00(要予約)

ホームページ