ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2014年7月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

新企画第3弾! 夏こそぜんざい!

こんにちは!!
梅雨も明け、夏の本番を迎える沖縄。

今月は、甘いもの大好き、加藤(ジャス)が、 夏にぴったりな「沖縄ぜんざい」ご紹介します!!

ん?…、ちょっと待って、
ぜんざいと言えば、あたたかいおしるこ。

冬なら分かるけど、なぜ夏に!?
と思われた方も、少なくないのではないでしょうか。

しかし!!間違ってはいません。

これより、皆様の疑問を解きつつ、 沖縄ぜんざいの魅力をお伝えしていきたいと思います。

沖縄のぜんざいとは!?

そもそも、沖縄ぜんざいとは、黒糖で煮た金時豆にかき氷をかけたものなのです!!

冷やしぜんざい」とも呼ばれ、 沖縄では冷たいおやつの事を指します。

金時豆にはカルシウム・ビタミン・食物繊維が豊富で、 便秘や生活習慣病予防に効果があると言われています。

そんな金時豆をミネラル豊富な黒糖で煮ています。

長寿の島、沖縄が生んだ「健康おやつ」として、 沖縄全域で親しまれています。

ぜんざい一本のお店!!

では、そんなさっそく沖縄ぜんざいのお店をご紹介します。

その名も「新垣ぜんざい」!!
店名にあるように、ぜんざい一本のお店です。

こちらは、美ら海水族館近くにある、沖縄ぜんざいの人気店です。

向かいに、約10台の駐車スペースがあるものの、すぐに埋まってしまうため、混み合う夏休みシーズンは、行列が出来る事もあるのでご注意を!!

いよいよ、店内へ!!
入ると、約20名が座れるテーブルがあります。

入口を入ってすぐ左、券売機があります。

種類も沖縄ぜんざいのみ。迷う事はありません。

そして、1名分~最大20名分までが一気に注文できるようになっています。
お店の方に聞くと、20名分のお持ち帰りを買いに来る地元の方も多いとのこと。

購入した券をお店の方に渡し、席についてホッとした同時に、来ました!!

早い!! そして、白い!!

そんな、沖縄ぜんざいがこちら!!

涼しげな見た目と、迫力のある大きさに驚きつつ、さっそく氷をくずして中身を覗いてみました。

出てきました!!金時豆

黒糖で煮た、ふっくらとした豆は、食べごたえもあり何より冷たい氷が一気に熱い体を冷ましてくれます。

また、氷と一緒に食べることで黒糖の甘さもくどくなく、さっぱりと食べられました

※もし食べきれない場合は、お持ち帰りにもでき、氷も追加してくれるため、お店の方にご相談を♪♪

「新垣ぜんざい」、ぜひ北部の観光へ行く際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

新垣ぜんざい

住  所:沖縄県国頭郡本部町字渡久地11−20

電話番号:0980−47−4731

営業時間:
[火~日]12:00~18:00(売り切れ次第終了)
日曜営業

見た目にビックリ!?

では、次にご紹介するお店は、沖縄本島中部・沖縄市にあるその名も「米八そば」。

このお店では、一風変わった見た目の沖縄ぜんざいがある聞きつけ行ってきました。

さっそく、店頭にぜんざいののぼりが!!

期待をふくらませ、いざ店内へ。

店内は、ちょうどお昼時ということもあり、約30ある席も地元の方で埋め尽くされていました。

なんとか、席にもつき、メニュー表に目をやると、ありました!!

写真を見ても分かるように、インパクト大です!!

さっそく注文するため、お店の方(2代目店主のお母様)にお話を聞いてみました。

すると、
「女性には、お花がオススメよ?!!いや、でも今年は午年だから、馬がいいさ?!!馬!!」と、 オススメされ、形が決定。

待つこと約1分、すぐに出てきました。
お母さんオススメの馬。それがこちらです!!

「何事も“うま”く行きますように♪」という言葉もそえていただきました。

それにしても、何て立体的。

すぐさま、写真におさめようとした瞬間、

「こうすると、写しやすいさ~!!」と、おぼんを立ててくださる優しいお母さん。

そんなご協力のもと、いろんな角度から撮ろうとぜんざいを動かしたその時!!、私の手が馬にあたり、首がボトッと。。。

慌てる私をなだめ、「すぐ直せるさ~!!」と、作り直してくれました。

2匹目の馬。

やっと撮影も終わり、馬の足元から食べてみると、金時豆と麦が出てきました

食感も違う2つの味と、崩すのがもったいない見た目の氷を楽しみながらいただきました。

この氷、作り方は削られた氷を形を整えながら、くっつけていました。

(発案者の2代目店主)

また、形の種類も約7種類あり、店主の方がお客様に合わせて気分で作られているとのこと。
ちなみに、あらかじめ調べてリクエストも可能です。

とてもおいしく、そしてなにより気さくで、優しいお店の方に会いに行ってみはいかがでしょうか?

米八そば

住  所:沖縄県沖縄市泡瀬5−29−6

電話番号:098−938−3266

営業時間:
木曜定休・祝日は営業
開店:11:00~18:00:閉店
※売切次第終了−

ホームページ

最後に!!

沖縄ぜんざいは、熱い夏を乗り切りために必要な“オキナワン☆フード”

梅雨も明け、夏本番を迎える沖縄で、ぜひ味わってみてください。