ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題、お役立ち情報をお届けしています。

2014年6月号

 

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

新企画第2弾!

アイランド倶楽部周辺のオススメ観光地や、お店をご紹介するビーチプレス。

今月は、クリームソーダ大好き、私、坂井がお伝えします。

999

創業31年!昔の沖縄を体感できるテーマパーク

さて、今回ご紹介するのは、アイランド倶楽部から車で3分!
創業31年!昔の沖縄の暮らしを体験出来るテーマパーク、
琉球村」です。

999

広々駐車場は、普通車が100台くらい停められます
入り口にはシーサーが鎮座し、皆さんをお迎えします。

さっそく、園内へ!!

999

入ってすぐは入園無料エリアで、お土産屋さん、フードコート、シーサーの絵付けや、貸衣装体験などの体験コーナーがあります。

無料エリアを抜けると、いよいよ入村です!

琉球村のうりは何と言っても、実際に使われていた『本物』の民家があること。

999

実際に使われていた民家を移築・復元し、昔の沖縄を風景を忠実に再現しています。

園内には沖縄本島のほか、久米島や石垣島から移築された10の建造物があり、うち7つが国の『有形文化財』に登録されています。

もっとも古い民家は、なんと築206年!

琉球古民家の特長

999

民家に入って、まず目に入るのが『ひんぷん』と呼ばれるつい立て。

外から屋内が見えないようにする目隠しと、魔物の侵入を防ぐという役割があるそうです。

中国にあった屏風(びょうぶ)から伝わり、びょうぶ → びんぷん → ひんぷん となりました。

溢れ出る生活感!

999

中を見ると、今もまだ、誰かが住んでいるような生活感

そのヒミツはカマドにありました。

琉球村では民家の保存・維持のため、毎日1時間くらい、かまどに薪を入れ、火をおこしています。

かまどから出た煙やススを、木が吸い込むことで、家が長持ちするそうです。

999

かまどに火を入れるのは、おばぁの仕事

民家の軒先で、「めんそーれー」と言っているおばぁたちが、実は「かまど」の番人でした。

999

カマドの番人はこんな事も出来ます。

999

一緒に行ったひかりさんもチャレンジ!

園内のスタッフの方はとてもフレンドリーで、話してみるととても面白いです。

999

写真撮影も気軽に出来ます。

色々な所でイベントが!

999

琉球村園内では、様々なイベントがどこかで行われています。
民家の中で、沖縄の踊りを教えてくれたり、

999

かと思えば広場で、みんなで踊ったり、

999

琉球王国時代に、現在の琉球村がある一帯を治めていた城主を、もてなすパレードが行われたり、本当に飽きさせません

パレードに参加するスタッフとも、もちろん自由に記念撮影が出来ます。

999

パレードを盛り上げるチョンダラーの京太郎さん
チョンダラーは、ユニークなメイクや動きで、パレードを盛り上げる役割があります。

ヒゲにご注目!!
なんと、ハートマーク!笑

子供が多いときは、アニメのキャラクターの顔になったりもするそうです。

ハブとマングースショー!

999

ハブ取り名人が、ハブとマングースの生態を解説してくれます。

実際に毒のないヘビ・アカマタも登場し、ヘビの捕まえ方などを教えてくれます。

実際にハブに噛まれた経験があるため、お話の内容がとてもリアル!

999

こんなサービスもしてくれました!

体験教室、開催してます!

古民家では様々な体験教室が開かれています。

999

こちらの民家では、泡盛のラベルを作成し、オリジナルボトルを作る体験が出来ます。

999

泡盛1合瓶のラベルを作成します。
3年以上熟成させると、味がまろやかになる「古酒」になります。
なにかの「記念」で作られる方が多いそうですよ。

999

まずは、泡盛をボトルに入れます。
次は、紙に絵やメッセージを書きます。

999

書き終えたら、ラベルをのりでボトルに貼ります。

999

赤いキャップシールをかぶせ、ドライヤーをあてながら密封していきます。

999

完成品がこちら。

999

『三十路』
ひかりさんは3年後の自分に向けてメッセージ!
どんな30歳を迎えるんでしょうか???笑

古酒を試飲!!

特別に古酒をいただきました。

999

口にした感想は、

999

………うーん。(苦笑)」

貸衣装で琉球時代を体感!!

せっかくなので、琉装(沖縄の着物)で記念撮影をしました!

羽織るだけで琉球時代にタイムスリップ
手持ちのカメラでも撮影してもらえます。

まずは、衣装選びから!

999

王様・お姫様・大臣、色々あります。
お子様用もあり。

999

途中で合流したスタッフと4人で記念撮影!!
撮影した写真をその場でもらえます!

999

沖縄にいる私たちも普段着る機会がないので、とても楽しい体験となりました。本当にオススメです!

琉球村の魅力は何と言っても、実際に人が生活していた本物の民家があること。

そして、その民家で体験教室をしたり、お茶を飲んだりと、スタッフの方と気軽にお話が出来ること。

ガイドブックに載っていない、ディープな沖縄のお話が聞けますよ!

昔の沖縄が体験出来る琉球村、ぜひ遊びに行ってみて下さい!

琉球村

・住  所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130

・電話番号:098-965-1234

・営業時間:8:30〜17:30(最終受付17:00)

・入 村 料:
   大人(16才以上)1200円
   小人(6才〜15才)600円
   (6歳未満は、無料)