ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2014年4月号

  渡嘉敷ひかり

見どころもいっぱい、沖縄の海だけでなく陸上のこともお任せください!

渡嘉敷ひかり

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
ハマウリの海

アイランド倶楽部インストラクター
渡嘉敷ひかり(トカシキ ヒカリ)

-

本土では、いよいよ桜が本格的に咲き始め、入学シーズンに花を添える頃、沖縄では『うりずん』の季節が到来します。
「潤い初め(うるおいぞめ)」がその語源で、この暖かな陽気に誘われ、若葉がいっせいに芽吹き、草木はその彩りを増して、大地を潤します。

浜下り(ハマウリ)イメージー1

沖縄の4月の平均気温は21度、最高気温は24度になります。この時期になると、各地で海開きが行われます。

そして、1年で1番干満の差が大きくなるのが、この時期。潮が引く干潮時は、潮干狩りを楽しむ人の姿も多くなります。

旧暦の3月3日にあたる4月2日は『浜下り(ハマウリ)』の日。沖縄の女性の節句で、本土の雛祭りにあたります。

浜下りとは、マジムン(悪霊)の子を身ごもった娘が海に飛び込んで身を清めたことから始まり、女性達が浜に下りて手足を海水にひたして身を清め、健康や幸せを祈願する伝統的な行事です。

近年では、その年に生まれた子の手足を海につけることで健康を祈願したり、潮干狩りをしながら浜下りをする姿もよく見かけます。

浜下り(ハマウリ)イメージー2

また、干潮時の海遊びは、水中にいる魚やサンゴとの距離がぐっと近くなります。

水温は23度前後になり、水中では魚たちが繁殖の準備をします。雄は体色をより色鮮やかにし、雌の気を惹こうと奮闘します。卵を宿した魚は、普段よりも敏感に、水中で近づく私たちに反応します。

浜下り(ハマウリ)イメージー3:海中

一足早く海開きをした沖縄で、命をつむぐドラマが始まる水中世界へ遊びにいきませんか。

■1番人気のコース!

A+Bスノーケルセットコース:
    「青の洞窟スノーケル+熱帯魚えづけスノーケル

 人気のAコースに上記のBコース(熱帯魚えづけツアー)をセット、お客様参加実績6年間連続第1位の人気セットです。