ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2013年4月号

  大草まゆみ

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

大草まゆみ

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
清明の候

アイランド倶楽部インストラクター
大草まゆみ

-

4月の沖縄は「初夏」の陽気で、平均気温は22℃、最高気温は30℃近くにまで上がり、半袖で過ごして「ちょうどいい」日が続きます。

日照時間が長くなり、植物が潤い花が開きます。 天気が安定し、とても過ごしやすい時期です。

そして、4月に入ると沖縄の県花でもある「でいご(梯梧)」が、真っ赤な花を咲かせます。

デイゴの花

「でいご〜が 咲きみだれ、
 風を呼び 嵐が来た〜♪」

という歌詞の『島唄』をみなさんはご存知でしょうか?

この歌詞のように、でいごの花がたくさん咲いた年は、台風が沖縄にたくさんやって来るという説があります。 昨年は2個の大型台風が直撃した沖縄ですが、今年はどうなるでしょうか???

 

清明祭(シーミー)の重箱料理

また、4月には沖縄の行事のひとつ『清明祭(シーミー)』が行われます。
清明祭とは沖縄のお墓参りの事なのですが、何と沖縄の皆さんはお墓の前で宴会をします。
ピクニックのように家族親戚が集い、泡盛やオリオンビールを酌み交わし、重箱を広げ、ご先祖様も一緒に賑やかに歓談するのです。

上の写真が清明祭で供えられる沖縄の重箱です。
皆さまのところと比べると、だいぶ地味にも見えますが、ひとつひとつの料理にちゃんと意味があるんですよ。

先祖を深く敬い、ずっと大切にする習慣が沖縄にはあります。
観光で来られているお客様が、このお墓の前での宴を見かけると、きっと、何事か?、と驚きますね。

 

餌付けスノーケルのコース

この時期には気温の上昇と共に海水温も上がり始め、熱帯魚たちも活発に行動し始めます。

そして、熱帯魚たちと触れ合いたい時は、餌付けスノーケルのコースがオススメ!

黄色や青色といった様々な色のお魚たちと、手を伸ばせば届きそうなくらいの距離で一緒に遊ぶことが出来ますよ!