ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2013年3月号

  弓達保英

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

弓達保英

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
笑いと平和の春

アイランド倶楽部インストラクター
弓達保英

-

「沖縄=夏」というイメージを皆さんお持ちだと思います。

確かに観光客数が1番多いのは、夏休みと重なる8月なんですが、2番目に多いのは何と、3月なんです。
ちょっと前まではダントツで真夏の来訪者が多かった沖縄ですが、最近はたくさんの旅行会社や航空会社からお得なツアーや航空券が販売され、「沖縄=夏」という訳ではなく、オフシーズンでも沖縄を楽しむ方が増えているようです。

ハイビスカス

その楽しみ方は様々です。

例えばワンランク上のゴージャスなホテルで、ゆっくりと過ごすという楽しみ方。
沖縄は今、高級リゾートホテルの建設が増えています。
その理由のひとつに内閣府が制定する「観光振興地域」が挙げられます。
指定された地域での観光施設などの建設を優遇する処置なのですが、県内では17地域が指定され、これからも増える見込みです。
ホテルを選ぶのも、旅の楽しみのひとつですね。

 

第五回・沖縄国際映画祭

平均気温が20℃と過ごしやすい3月は、絶好の観光シーズン。

そして、3月で1番大きなイベントと言えば、何と言っても今年で5回目を迎える「沖縄国際映画祭」。
宜野湾市コンベンションセンターを中心に、沖縄県各地で様々な映画が上映されます。

コンセプトは「Laugh & Peace」(笑いと平和)。コメディ作品が中心に上映されている点が、他の映画祭と違う所です。

映画祭が開催される間は様々なジャンルの有名人が、沖縄に集まります。観光中に誰かと会うかもしれませんね。

 

海開き

そして毎年春分の日の前後に、沖縄最南端である八重山地方から「海開き」がスタートします。

県内各地のビーチでも4月いっぱいまで次々と行われ、10月後半まで続く、長い海水浴シーズンがスタートします。
海開きが行われるビーチではイベントが盛りだくさんなので、ぜひ参加してみて下さいね。

記事で紹介の
「第五回・沖縄国際映画祭(3/23-3/30)」
に関連するページ

沖縄国際映画祭公式サイト