ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2012年8月号

  弓達保英

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

弓達保英

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
鼓動の夏

アイランド倶楽部インストラクター
弓達保英

-

ハイシーズンまっただ中です。
毎日いいお天気が続き、海もとても穏やかです。

-

沖縄はとても「暑い」イメージがあると思いますが、海からの風のお陰か、35度を超える事はまずありません。
「最高気温」のみで比べると、東京などの都市圏よりも「涼しい」かもしれません。
しかし、最低気温も高いので1日中暑い時間が続きます。
沖縄に滞在中は熱中症対策をしっかりして下さいね。

-

そんな沖縄の夏の風物詩は「エイサー」です。
特に沖縄市で行われる県内最大のエイサー祭り、「一万人のエイサー踊り隊」は盛り上がります。
県内各地から集まった団体による伝統的なパフォーマンスから、踊り手による演舞も行われます。

そもそもエイサーとはお盆の時期に踊られる伝統芸能なんです。
お盆に現世に戻って来る霊を送迎するため、若者たちが歌に合わせ、踊りながらその地区の道を練り歩きます。
最近では、伝統的なエイサーだけでなく、新たに創作されたエイサーもあり、その地域の個性が踊りに現れます。
各団体の踊りを見比べてみるのも面白いですよ!

-

さて、昼間は賑わう海も、夜になるととても静かになります。
ふと夜空を見上げると満点の星空。
じっと見ていると吸い込まれそうになるほど。
流れ星も簡単に見られます。
昼間とはまた違う表情を見せる海で、静かに星空鑑賞はいかがですか?