ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2012年6月号

  嘉手苅 眞琴

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

嘉手苅 眞琴

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
緑輝く若夏

アイランド倶楽部インストラクター
嘉手苅 眞琴(カデカル マコト)

-

夏がすぐそこまで来ている事を感じさせる6月の沖縄。
太陽の日差しが燦々と輝き、草木を爽やかな風が揺らし、木々の隙間から日差しがこぼれ落ちます。

-

沖縄では、本土より一足先に梅雨が終わります。
しかし、ここは南国沖縄。
梅雨が終わっても突発的な雨が降って来る事があります。
亜熱帯気候特有の雨、「スコール」です。
いつ雨が降り始めるのか全く予想が出来ないので、観光する際には、傘の携帯をおすすめします。

そんな、太陽と雨の恵みで、植物が一気に活気を見せてくれます。
沖縄の5月、6月頃を表す季語に『若夏』があります。
若々しい青々とした季節をイメージさせる季語として使われるのですが、正にその言葉どおり。

沖縄の夏野菜、「ゴーヤー(苦瓜)」や「ナーベーラー(ヘチマ)」の苗植えも、この時期、最盛期を迎えます。

-

葉を大きく広げ、太陽の日差しを全身で浴び、ツルを添え木に絡ませ、甘み・旨みを全身に蓄えていきます。

アイランド倶楽部がツアーを開催している真栄田岬でも、この時期に新しい命が生まれ、訪れる人々をお迎えします。

-

この時期は「ミジュン(小イワシ)」の群れが見られます。魚の絨毯とも言われ、何千、何万と群れて泳ぐ姿は圧巻です。

6月の沖縄は、夏のピーク時を迎える前なので、ゆったりと沖縄を、海を、楽しむことが出来ますよ。