ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2012年5月号

  仁木竜次

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

仁木 竜次

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
ハーリーと若夏

アイランド倶楽部インストラクター
仁木 竜次

-

5月に入ると夏の気配が感じられ始め、1日ごとに夏めいて来ます。

この月の初旬は“立夏”と呼ばれ、暦の上では季節は夏へと移り変わります。 海水浴が出来るくらいの気候ですが、まだまだ本格的な夏の暑さではありません。海に入るにも、観光をするのにもちょうどいい気候です。

-

沖縄では旧暦の5月4日当日またはその前後の休日に、豊漁や海の安全を願って、ハーリーと呼ばれる爬龍船(はりゅうせん)競漕が県内各地の漁港で行われます。

爬竜舟とは「竜」を描いた舟を「爪」でかき走らすという意味。爪は船を漕ぐオールの事で、漕ぎ手が息を合わせて船を走らせる姿は、正に竜のようです。

-

この時期になると蒸し暑い日が多くなります。そして、ゴールデンウイークを過ぎた頃から入梅し、亜熱帯地方で見られる「スコール」という突然、大量の雨が降る現象が起こります。(1日中降り続く事はマレです。)

ところで「雨が降るとツアー開催出来ないんですか?」というご質問をよくお受けするのですが、そんな事はありません。
海洋状況が穏やかであれば、水中の様子にさほど変わりはありません。もちろん青の洞窟もクッキリと青いです。

雨の中、ダイビングをすると水面を打つ雨音が水中に響き、水面には雨粒が波紋を作り、幻想的な世界が広がります。

-

さて、アイランド倶楽部では 今月より早朝コースの7時便が開催されます。

静かで人気の少ない海を堪能できる事がツアーの魅力です。 この早朝ツアーが密かな人気で、リピート率がとても高いツアーです。

参加するには早起きが必要ですが、それ以上の満足感がきっとあります。 ぜひチャレンジしてみて下さいね。

早朝7時の設定(5/1~)のある始まるコース

・A:青の洞窟スノーケル

・B:熱帯魚えづけスノーケル

・AB:青の洞窟スノーケル+熱帯魚えづけスノーケル