ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2012年2月号

  仙石裕之

季節ごとの見所をご案内していま す。沖縄の海のことなら私たちにお任せください

仙石裕之

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
焼き物の里で憩う

アイランド倶楽部インストラクター
仙石裕之

-

2月の沖縄は観光のオフシーズンなので、のんびりと、ゆっくりと観光を楽しみたい方にはオススメの季節です。

沖縄県中部の読谷村では、2月の後半頃に『読谷やちむん市』が行われます。(“やちむん”とは沖縄の方言で、焼き物を意味しています)

-

焼き物の里として知られている読谷村。その窯元が一同に集まって展示販売を行うのが『読谷やちむん市』です。

沖縄独特のシーサーをはじめ、お椀やお皿、花瓶などの生活雑貨やインテリア用品が豊富に揃い、割安料金で販売されるイベントなので、沖縄県内外から多くの人が訪れます。

売られている焼き物の中には、B級品として割安で売られているものの、どこがB級品なのか分からないような品質の高い掘り出し物があることも。

窯元の方に指導して頂きながら、ろくろ体験などもできるので自分だけの作品を作ることもできます。

アイランド倶楽部から車で15分くらいの場所で行われるイベントなので、焼き物に興味がある方は是非行ってみて下さい。

-

2月は日本一開花が早い寒被桜が見頃のシーズンになったり、ホエールウオッチングが最盛期を迎えたり、あまり知られていませんが、楽しいイベントが目白押しです。

この時期、お客様から「寒くない?海に入れるの?」という質問をよく頂きます。

確かに、体感温度はもっとも冷え込む季節ですが、ウェットスーツを着用すれば、問題なくマリンレジャーを楽しむ事ができます。(気温は20℃前後ですが、水温は25℃前後もあります)

夏の海よりも冬の海の方が、水の透明度が高いのも特徴です。

-

夏場の照りつけるような日差しはありませんが、ゆっくりゆったりと真夏とは一味違った沖縄を楽しんで頂けると思います。