ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年10月号

  弓達保英

衣替えの済んだウエットスーツで秋の沖縄の海を堪能しませんか。アイランド倶楽部スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

弓達保英

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
天高く海澄む秋

アイランド倶楽部インストラクター
弓達保英

-

沖縄の秋は、本土よりもう少し遅れていて、10月を過ぎた辺りから始まります。夏場の猛烈な陽射しも和らぎ、涼やかでとても過ごしやすい季節の到来です。

10月には、沖縄最大のお祭りである、『那覇まつり』が開催されます。

『那覇まつり』という名前よりは、『那覇大綱挽(なはおおつなひき)』というイベント名の方が有名でしょうか。

ギネスブックに登録される程、巨大な綱を使用した綱引きの大会で、昨年使用された大綱は、長さは186メートル、重さは43トンと、驚くべきビッグサイズ。(天然素材で作られた、世界で最も巨大なロープとして、毎年ギネス記録を更新中です)

この巨大な大綱を「幸せを引き寄せろ!!」の掛け声に併せて、数万人の大観衆が、東西に分かれて引き合います。

凄まじい熱気、凄まじい気迫。

参加者は、地元の人も観光客も関係なく、まるで十年来の友達の様な一体感に浸れます。

また、千切れた大綱の一部は無病息災のお守りになると言われていますので、お土産として持ち帰られる方も多いです。

10月に沖縄に旅行される方には、是非是非参加して頂きたいイベントですね。

-

-

【観光地の琉球村で大綱を見る事が出来ます。】

 

海はと言うと、多少水が冷たくなってくる時期。

当店の場合、例年この時期にスーツの衣替えが行われます。
薄手の夏用スーツから、厚手の冬用スーツへと切り替えますので、まだまだ快適に海を楽しんで頂けます。

-

また、マリンインストラクターの僕が言うのも何ですが、この時期特筆すべきは、海よりもむしろ空。

『天高く馬肥ゆる秋』では無いですが、すみきった爽やかな快晴、いわゆる“秋晴”になる場合が多いのです。
どこまでも高い空の下、夏の余韻に浸りながら、ゆっくり沖縄観光というのも良いかもしれませんね。