ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年7月号

  手嶋 俊裕

私たちアイランド倶楽部インストラクターが真栄田岬の最高の海へとご案内します。

手嶋 俊裕

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
真南風の海

アイランド倶楽部インストラクター
仁木 竜次

-

いよいよ夏も本番。さんさんと照りつける日差し、真っ青な海と空、沖縄が最も「沖縄らしい」季節の到来です。

私たちが皆様をご案内する真栄田岬でも遊泳するのに最高のシーズンをこの時期に迎えます。
7月から9月にかけては『南風(はえ)』と呼ばれる暖かな風が吹き、海洋状況も非常に落ち着いてきます。また、完全な無風状態『凪(ナギ)』になる場合もあり、そんな日の海洋状況はまるで湖のように穏やかです。

-

そして、ここ真栄田岬では「チョウチョウウオ」「ツノダシ」「クマノミ」など数え上げれば切りのないほど多種多様なお魚を観察する事ができます。

特に見応えがあるのは真栄田岬名物のお魚「ツバメウオ」、大型の個体では100cm以上の大きさにもなる魚です。季節に応じてすみかを変える回遊魚で、この時期になると真栄田岬へ帰ってきます。時には20匹以上の群れで活動する姿を見る事ができ、その光景は圧巻です。

このように季節ごとに様々な海の生き物を観察することができるのも、ここ真栄田岬の魅力です。

-

この時期にはどの時間帯でも安定して沖縄の海をお楽しみ頂けますが、特にオススメの時間帯は早朝や夕方。遊泳者が少なくゆっくりと最高の海を堪能して頂けます。『青の洞窟』を貸し切りにできる機会も多く、オススメの時間帯です。

これからの3ヶ月間が沖縄の海のハイシーズン。私たちインストラクターは、冬場に充電した元気をこの3ヶ月間で爆発させます。最高のコンディションで皆様を最高の海へとご案内いたします。

-