ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年6月号

  仙石裕之

季節ごとの見所をご案内していま す。沖縄の海のことなら私たちにお任せください

仙石裕之

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
新緑の潤う季節

アイランド倶楽部インストラクター
仙石裕之

-

ここ沖縄では、暫くは雨がシトシトと降り続ける日が続きますが、本土よりも一足早く、6月前半には梅雨が終わります。
しかしながら、梅雨の終わり頃こそ油断は禁物、この時期には例年突発的に強い雨が降る場合が多いです。
南国名物“スコール”ですね。
6月は、天気が変わりやすく、予報通りにならない場合も多いので、観光する場合には注意が必要な季節です。
晴れの予報であっても、念の為に傘を携帯して頂いた方が良いかもしれません。

-

人間にとっては、ややストレスな雨も、植物たちにとっては、文字通り、恵の雨。
梅雨が終われば、沖縄の“季語”で、初夏を表す『若夏(わかなつ)』がやってきます。
春先に息づいた花々が、恵の雨によってますます青々と成長し、
やがてくる夏に向けて、すくすくと成長する季節です。

-

海のお話もしましょうね。
「雨が降っていますが、水中はキレイに見えますか?」
この時期には、お客様からこんな質問を頂く場合が多いです。心配はいりません。
周囲を岩場に囲まれている真栄田岬は、雨が原因で透明度が下がることはまずありません。
ビーチとは違って、地形的に砂粒が舞いづらいのが真栄田岬の特徴です。
また、水面に当たる雨の雫に誘われ、魚が水面に近づいてきやすいので、餌付けがやり易いといったメリットもあります。
ダイビングでは、水中から水面に落ちる波紋を見ることができるのも、雨の日の楽しみの一つです。
雨の時こそ、濡れることを心配しなくても良い海遊びがオススメですよ。

-