ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年5月号

  弓達保英

梅雨が明ければ沖縄は一足先に夏本番を迎えます。
アイランド倶楽部は皆様の夏の思い出作りをお手伝いいたします。

弓達保英

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
若夏の候

アイランド倶楽部インストラクター
弓達保英

-

沖縄の5、6月を表す季語に『若夏』があります。この若夏の頃、潤いを得た草木はぐんぐんと伸びて、島は美しい濃い緑に覆われていきます。

イジュ(ヒメツバキ)や月桃(げっとう)の花が見ごろを迎え、木々を揺らす爽やかな風と葉の間から差し込む日差しが、初夏の訪れを感じさせます。
5月初旬、ゴールデンウィークを過ぎた頃から梅雨に入る沖縄ですが、1日中雨が降り続く事はあまりなく、空梅雨になる年もあるほどです。

-

ゴールデンウィークの沖縄の風物詩と言えば、海人祭の『那覇ハーリー』。この海人祭での名物が、活気ある“爬龍船(はりゅうせん)競争”です。 屈強な男達がひと漕ぎひと漕ぎに全身の力を込め爬龍船で海面を進むその姿はダイナミックそのものです。

このハーリーの鉦の音が響き渡ると、沖縄は本格的な夏が始まります。

-

またこの時期、海は穏やかな日が増え、水面が鏡の面のように波ひとつない日もあります。 こんな日はカヤックツアーがオススメ。

水面にゆったりと浮いたカヤックに乗り込み、パドルをゆっくりと動かすと、カヤックは滑るように進み始め、自分の力だけで漕いでいるとは思えない軽快なスピードで走ります。

とはいえ腕力をそれほど必要としないカヤックツアーは、お子様連れや女性にとても人気がある私共のツアーのひとつです。

-

カヤックに乗って少し沖に出ると、360度の景色を見渡せ、遥か遠くには島影、空と海を分かつ水平線、迫力満点な断崖絶壁を見ることが出来ます。
綺麗な水の下は一面広がる色とりどりのサンゴが目を楽しませ、水面を飛び跳ねる魚に出会うこともあります。

カヤックならではの自然との一体感、皆さんも感じてみませんか?