ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年2月号

  仙石裕之

季節ごとの見所をご案内していま す。沖縄の海のことなら私たちにお任せください

仙石裕之

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
麗らかな季節

アイランド倶楽部インストラクター
仙石裕之

-

如月は節分、バレンタイン、そしてここ沖縄では旧暦のお正月を祝う大切な節目の月です。
今年は節分と旧正月が同じ日にあたり、新春をお祝いしたり、厄落としをしたりと特に忙しい春になります。
節分はもともと立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す四季折々の節目を指すもので、もともとは年に四回あったそうです。そのなかでも立春は一年の初めということもあって、今では、この日に豆をまき、鬼をはらうことで、新しい春をお迎えすることになったといいます。

-

さて、沖縄のように暖かい海で見かける魚たちの中には、この「オニ(鬼)」と名のつく魚が何種類かいます。
有名なのは「オニイトマキエイ」通称マンタのことです。そして「オニハタタテダイ」や「オニテングハギ」という厳めしい名前の魚もいます。
反対に名前に「フク」とつく魚はほとんどいませんが、決して海の中が鬼だらけの伏魔殿というわけではありません。敢えてこの時期に海に入って厄を落とすのも楽しいイベントになると思います。
ここでいう「この時期」とは何も節分のことだけではありません。早春の沖縄は海水温度が下がり表層と中層の温度差が少なくなるため、中層付近を好む大型回遊魚が水面近くまであがってきます。そのためスノーケルでも普段は見かけない珍しい大型魚に巡り会える特別な時期なのです。

-

そして二月上旬は沖縄各地で桜祭りが催され、日本で一番早いお花見シーズンが到来します。沖縄の桜は「寒緋桜」という種類のもので、本土のソメイヨシノよりも、ずっと色が濃く南国らしい艶やかな色彩がエキゾチックです。バレンタインを満開の桜の下で過ごすもよし、大きな魚たちと戯れるもよし。麗らかな沖縄は今、楽しいことでいっぱいの季節なのです。