ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2011年1月号

  弓達保英

明けましておめでとうございま
す。今年も安全で楽しいツアーのご案内は私達にお任せください。

弓達保英

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
新春の歌声

アイランド倶楽部インストラクター
弓達保英

-

『良い桜咲く初春。
 今年ん ゆたしくうにげぇさびら』

「良いお正月です。今年も宜しくお願いいたします。」

皆さん、元気に新しい春をお迎えの事と存じます。
本年もスタッフ一同、より一層技術の向上に励み、より多くのお客様にご満足いただけるツアーのご案内に努めます。
今年もアイランド倶楽部グループを宜しくお願いいたします。

-

さて、今日も海からの冷たい北風がキビ畑を静かに揺らしていました。こんな風景も暖かい沖縄の短い冬の風物詩となっています。
岬の通りを行き交う人たちもコートやマフラーで身を包み、短い冬のファッションを楽しんでいるようです。

こんな寒い日は「とても海には入れない。」とお考えの方が多いと思いますが、この時期の沖縄は、外気より水温の方が高く「実は海の中の方が暖かかった!」というお客様の声をよく耳にします。

-

そして、新春の沖縄には、予想外に暖かい海と、この季節しか味わえない素敵な体験があります。それは海中で「ザトウクジラのラブソングを聞く」という体験です。1月から春先にかけて、出産と子育てのため水温が高い沖縄へやって来るザトウクジラたち。彼らはいくつものフレーズで構成された歌を口ずさみます。この行動はオスのみに見られるため、メスの気を引くためのラブソングだと考えられています。
歌声の大きさはクジラとの距離によって変わりますが、陸から沖を見てもクジラの姿を見ることは出来ません。姿は見えないのに歌は聴こえる・・・。
今だから味わえる、とっておきの体験を、新春の沖縄で楽しんでみ
ませんか。