ビーチプレス|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

ビーチプレス
ビーチプレス
アイランド倶楽部のインストラクター達が毎月お届けする季節のお便り。
海にまつわるエピソードだけでなく、沖縄の旬の話題もお届けしています。

2010年12月号

  大草まゆみ

季節や天候に応じて、多彩な海の魅力をご案内しています。冬の海へも是非お越し下さい

大草まゆみ

2015年3月   最 新 号
「オリオンビール工場見学!」

 

-

2015年2月 琉球ガラス作りを体験

2015年1月 海の見える老舗ドライブイン

2014年12月 南部観光のお薦めスポット

2014年11月 絶品、海鮮料理屋!

2014年10月 陶芸教室を体験!

2014年9月 泡盛酒造見学!

2014年8月 MY塩作り!

2014年7月 夏こそぜんざい!

2014年6月 昔の沖縄を体感できるテーマパーク

2014年5月 老舗の大衆食堂

2014年4月(ハマウリの海)

2014年3月(花咲き薫る春)

2014年2月(クジラ歌う春)

2014年1月(心躍る島の新春)

2013年12月(海中の聖誕祭)

2013年11月(島の晩秋)

2013年10月(海澄む秋)

2013年9月(フクギ並木と伝統の色)

2013年8月(ウミガメの浜)

2013年7月(南風と夏の海)

2013年6月(きらめく空と海)

2013年5月(小満芒種の候)

2013年4月(清明の候)

2013年3月(笑いと平和の春)

2013年2月(冬の海とやちむん)

2013年1月(水澄む初春の海)

2012年12月(冬の花祭り)

2012年11月(秋に咲く花)

2012年10月(秋と裏ビーチ)

2012年9月(終わらない夏)

2012年8月(鼓動の夏)

2012年7月(神秘の海)

2012年6月(緑輝く若夏)

2012年5月(ハーリーと若夏)

2012年4月(花開く『うりずん』)

2012年3月(色あざやかに弥生)

2012年2月(焼き物の里で憩う)

2012年1月(桜咲く初春)

2011年12月(煌めきの冬)

2011年11月(島の冬の風情)

2011年10月(天高く海澄む秋)

2011年9月(エイサーの夏)

2011年8月(夏の夜の海)

2011年7月(真南風の海)

2011年6月(新緑の潤う季節)

2011年5月(若夏の候)

2011年4月(おもろだより)

2011年3月(ハマウリ)

2011年2月(麗らかな季節)

2011年1月(新春の歌声)

2010年12月(澄明な冬日)

-
澄明な冬日

アイランド倶楽部インストラクター
大草まゆみ

-

冬は、私たち海に携わる者にとって、お客様との関わりが少なくなるチョッピリ寂しい季節です。岬を行き交う人の数も減り、夏の強い陽射しも和らぐこの季節、今年も無事に一年が過ごせたことに感謝しつつ、師走を感じるのが私の冬の過ごし方です。

ビーチプレス:澄明な冬日:画像01

とかく沖縄は常夏の島と思われがちですが、12月から2月くらいまでは北風が吹き、体感気温は10度くらいまで下がります。この期間がいわゆる沖縄の短い冬になるのですが、海に入ることに、ためらいはいりません。冬の海にはいって、スノーケルやダイビングをすることは、寒中水泳とは違い我慢や忍耐は必要ないのです。

ビーチプレス:澄明な冬日:画像02

海へ入る瞬間はさすがに「冷たい!」と感じるかもしれませんが、そんな冷たさを吹き飛ばすバツグンの透明度が、冬の海の最も大きな魅力です。水温が下がることによってプランクトンの数が減り、遠く数十メートル先の熱帯魚たちの姿まで見渡せるのです。水温が下がった海では熱帯性の魚たちの動きもゆったりとしていて、まるで海の中だけ時間がゆっくりと流れているようです。

幻想的な時間の中でイマジネーションに身をまかせれば海は空。両手を広げればどこまでも飛んで行けそうな気分に・・・。
淡い光とやさしい陽射しのなかで、贅沢な”冬時間”を一緒に過ごしてみませんか。