スタッフブログ|沖縄青の洞窟ならアイランド倶楽部

スタッフブログ
スタッフブログ
Yahoo!ブックマークに登録

記事一覧

2017年07月16日(日)06時30分
スタッフ情報

ケラマダイブ~専務編~ 3

沖縄から、こんにちは!
ジャスです。


レスキュー講習inケラマも終わり、
いよいよ【トウマ】にて2本目です。


!!!!!!!

ファイル 2297-1.jpg

先頭をきる今日さんが興奮気味に何かを指さします。
目を凝らすスタッフ。

その先にいたのはサメ!!!
お分かり頂けるでしょうか?(笑)

ファイル 2297-2.jpg

『ネムリブカ』というサメです。
➡体長1.5m、寿命約25年、猫のような目が特徴。
比較的大人しいサメ


お次にいたのはサンゴに群れで住み着く『デバスズメダイ』。
写真を撮ろうとした時だけサンゴに引っ込んでしまいました。。

ファイル 2297-3.jpg


そして、好きな人も多いであろう『チンアナゴ』。

ファイル 2297-4.jpg


最後はお決まりの今日さんVSメンズスタッフの水中プロレス。
たくさんたくさん楽しんだ1日。
ミカさんとの思い出がまた一つ増えたアイランド倶楽部でした。


おまけ。
こちらもお決まり、ボートでダウンするショウジ(大城)

ファイル 2297-5.jpg

 

2017年07月15日(土)10時49分
スタッフ情報

ケラマダイブ~専務編~ 2

沖縄から、こんにちは!
ジャスです。


海から上がり休憩の図

ファイル 2296-1.jpg

みなの笑顔から充実感が伝わってきます。


しかし、すぐさま元気いっぱいのハト(小野寺)が
ボートから落とされます。

お約束の押さないでくださいよ!の図

ファイル 2296-2.jpg


一時すると船尾に集められるスタッフ。
今日さんによるレスキュー講習が始まります。

さっきとうってかわって真剣な表情です。

ファイル 2296-3.jpg


レスキューを勉強中のハト、実際にダイバーへの
吹込みをやってみます。

ファイル 2296-4.jpg

必死すぎて顔がもはや別人です。


そして、特別に意識不明ダイバーを務めあげたミカさん。
とても安らかな表情です。

ファイル 2296-5.jpg


2本目へとつづく。

 

2017年07月14日(金)08時09分
スタッフ情報

ケラマダイブ~専務編~

沖縄から、こんにちは!
ジャスです。


行ってきました!ケラマダイブ!!
題して『ミカさん今までありがとうダイブ!』

ファイル 2295-1.jpg
※元スタッフ(ミカさん:あだ名は専務)が
沖縄を離れることとなり最後に素敵な思い出作りに
行われたダイビングです。


見事な曇天。


そんな中、久々のケラマでスタッフもウキウキです。
1本目は【カミグウ】。

水中に入るや否や記念撮影。
ミカさん大人気です。

ファイル 2295-2.jpg


今回カメラマンとして張り切るショウジ(大城)。

アイランド倶楽部のロゴマークでもあるタカセガイwith今日さん。

ファイル 2295-3.jpg


こちらはモンスズメダイwithハト(小野寺)

ファイル 2295-4.jpg


そして、カメwithジャス(加藤)

ファイル 2295-5.jpg


こうして楽しい楽しい1本目が終了。


つづく。

 

2017年05月06日(土)11時04分
スタッフ情報

県産品イケメン。

沖縄から、こんにちは!
ジャスです。


G・Wもあとわずか。
沖縄は、晴れのち曇りのち雨…
1日でたくさんのお天気が楽しめるG・Wでした。。


そんな最中アイランド倶楽部、イケメンバイトを始めました。
(※不定期となりますので悪しからず。)

こちら!!

ファイル 2292-1.jpg

沖縄県産品イケメンこと、『大兼久(おおがねく)君』‼
あだ名はオオガネ。

180㎝を超す屈強ボディとつけまガールもうらやむ
バサバサまつげがチャームポイントです。


仕事終わりに、小学生からの幼馴染である
ショウジ(大城)と初ダイブへ!

ファイル 2292-2.jpg


顔をみれば楽しいのが伝わってきますね。

ファイル 2292-3.jpg


水中で自己紹介だって出来ます。

ファイル 2292-4.jpg


あまり海に入らないウチナンチュ(沖縄人)の
友達を案内できてショウジも嬉しそうでした♪


最後になりましたが、県産品イケメンオオガネ。
皆様を安全に送迎いたします!

ファイル 2292-5.jpg

 

2017年04月26日(水)09時20分
スタッフ情報

☆社員旅行☆~ターシャ ~

沖縄から、こんにちは!
ジャスです。


いよいよ、ボホール島最後のお目当て『ターシャ』へ!

ターシャ:世界最小のサル。体長約10~15㎝


ファイル 2291-1.jpg

入口で巨大ターシャがお出迎え。
ケイちゃん(山城)以外は、横目でチラッと見ながら素通り。


自然に生息しているターシャを自力で探すのではなく
遊歩道がありそこを歩いていきます。

ファイル 2291-2.jpg


すぐにいました!

ファイル 2291-3.jpg

本当に小さく人の拳ほど。
しかし、そこから伸びるしっぽが長く(約30cm)
ギャップに衝撃を受けました。


約5m間隔にスタッフさんが座っており
その目の前の木にターシャがちょこんと寝ています。

ファイル 2291-4.jpg

※ターシャを撮影時、フラッシュ・お触り・大声 禁止!!

なんとターシャはストレスを感じると
自ら木に頭を打ち付けたり
水に頭をつっこみ自殺する繊細な動物。


そのため、観光客の方も静か~に見物。

私たちも静か~に記念撮影。

ファイル 2291-5.jpg


こうして最終日を満喫。


夢にまで見た社員旅行!
初の海外ダイビングで印象的だった
働くスタッフさんの楽しそうな姿。
そして、笑い・焦り・感動・恐怖などの経験。

全部ひっくるめて素敵な時間でした。

今回の旅行で人生のネタが増えたスタッフでした♪


(さっそく来年の旅行先を考え中!笑)

 

ページ移動